毒草一覧次の花
ヒヨス


日本には野生種はなく、ほとんど製薬原料として栽培されています。魔女はヒヨスを「丑三つ時のシチュー」の材料として使用し、死者はヒヨスの冠をかぶって彷徨うといわれています。ハムレットの父王が昼昼寝をしているときに耳から注がれたのがこのヒヨス(Henbane)の汁だったとされています。


毒草名  ヒヨス、ヘンペイン(Henbane)、シクロン(Shicron)、Devil's Eyes
学 名  Hyoscyamus niger LINN.
特 性  ナス科 ヒヨス属、1、2年草
花 期  5月
毒部位  全草
成 分  ヒヨスチン(Hyoscine)、ヒヨスチアミン、スコポラミン(Scopolamine)、アトロピン
症状  嘔吐、呼吸麻痺、痙攣


 

≪MEMO≫
・臭化水素酸スコポラミン(Scopolamine hydrobromide)
・「魔女の軟膏」原料のひとつ。
・That as he was sleeping in his garden, his custom always in the afternoon, his treasonous brother stole upon him in his sleep and poured the juice of poisonous henbane into his ears, which has such an antipathy to the life of man that, swift as quicksilver, it courses through all the veins of the body, baking up the blood and spreading a crust-like leprosy all over the skin.

毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS